top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第100話

前回は、グローバル化において多様性の受容が必要であったにも関わらず、私がアフリカに駐在した時に、それが満足にできなかった事をお話ししました。その後、私が何故多様性の受容が満足にできなかったかを考えてみましたが、一つには相手を上から見下していたということ、そして、その気持ちが相手の言う事を聴こうとする態度を拒絶していたのではないかと言うことが大きな理由であったと考えます。しかしながら、これは何もグローバル化を考える時にだけ必要とされる事ではありません。日本人同士であっても同じことで、先ずは相手の言う事をきちんと聴き、理解が不十分な部分についてはその点について相手に質問をして、真意を話してもらい、それを理解することが重要です。日本では昔から阿吽の呼吸が重要視されてきた為、相手の話をよく聴くという事が上手にできる人はたくさんいると思いますが、真意を汲み取るという言葉に示されるように、相手の言うことをきちんと理解できない時に、その点について、深く聴くことができる人が多いとは言えないと思います。そのような場合は、不十分な理解であっても、聴き取った内容から相手の真意を推測するという習慣が定着していると思います。これは、狭い社会においては相手の背景や歴史、性格等を把握している場合が多く、大きな誤解を生む事も少なかったと思いますが、今のように、人間関係が希薄で、相手の背景や歴史、性格等を充分に理解できていない社会においては、誤解に繋がる危険性が高いと思います。これが世界においては更に危険性が高くなります。歴史は勿論のこと、宗教や政治等、全てにおいて、背景が異なる人たちが集まる社会においては、同じ現象を全く別の観点から見ることもあり、その判断も全く異なります。それをきちんと聴きもせず、また訊きもせず、自分の考えだけで判断する事が誤解を生み、場合によっては、大きなトラブルに繋がってきたと考えるのが妥当でしょう。

これを考えると、グローバル化の訓練として行なうべき事は、まず、相手の言う事をきちんと聴き、分からない事は分かるまで訊き、理解する事を継続して行なうことです。このためにはある程度高いレベルの『対人理解力』のコンピテンシーを発揮する必要があります。尚、相手の話を聴くという事は必ずしもそれをすぐさま取り入れるということではありません。相手の話をきちんと聴いてそれを理解し、自分と考えている事の差異を明確にし、それを取り入れる事が妥当と考えた時は、その旨を相手に伝えて行動に移すことが重要ですし、それを取り入れる事が妥当ではないと考えた場合は、その理由を相手に伝え、相手がそれに対してどのような理解をしたかを確認することが必要です。日本ではこのような意見のぶつかり合いを避けようとする傾向が強いと思います。しかし、それは海外においては、将来のトラブルの火種を残してしまうという事を理解する必要があると思います。

 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page