top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第15話


日常で気がついたコンピテンシー。今回は、ある個人運送をしている人の話です。

彼は、阪神大震災でそれまでしていた商店を失いましたが、その後、運送事業を始め、今は、大手スーパーマーケットの受託運送をしています。

受託運送業者の役割は、スーパーマーケットである金額以上をお買い上げいただいたお客様に対して無料運送を行う際に、品物をスーパーマーケットの搬送口を受け取り、お客様の自宅まで搬送することです。しかし、彼は、スーパーマーケットの搬送口ではなく、中まで入っていって、パートタイマーの荷造りの手伝いをしたり、荷物に添付する用紙のコピーを取ったりして、出来上がった荷物を自分で車に積み込んで配送に出ます。

この役割外の仕事をするお陰で、彼の担当する品物は常に速やかに運び出され、また、たくさんの業務をこなすことができるため、スーパーマーケットの社内の評判も良く、短期間に食い込むことが出来たのです。

それでは、彼はこれらの行動を起こさせているのはどのようなコンピテンシーか見てみたいと思います。

今、スーパーマーケットは合理化のため人員が削減されパートタイマーの業務量が増えており、猫の手でも借りたいという状況ですが、彼はその気持ちを理解しています。これは口には出てこない相手の考えていることを、態度や雰囲気から理解できるレベルの対人理解力です。

次に、彼はお客様にとって一番いいことは早く正確に荷物が家につくことだと考え、そのために自分が荷詰めを手伝い内容物を確認して、配達時の荷物の間違いや欠落がないようにしようとしています。これは状況を分析し実行可能な対応策を考え出すレベルの分析思考力の表れです。そして、その行動はパートの人たちに好感をもたせ良い関係を構築する関係構築能力も高いと事の表れです。

また、受託運送業者が中でのコピー取りを含む中の仕事を手伝うというのは、「それは自分の仕事の範囲外」と考える人も多いかもしれませんが、彼の場合はそれを当たり前として実行しており、業務の遂行や出荷時間が遅れるかもしれないという問題を解決するために色々な手段をその場の状況に応じて柔軟に使い分けるというレベルの柔軟性も持ち合わせています。

そして、今まで話した行動は全て、自分のビジネスをなんとしても成功させたいという達成志向力に支えられているのです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page