top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第15話


日常で気がついたコンピテンシー。今回は、ある個人運送をしている人の話です。

彼は、阪神大震災でそれまでしていた商店を失いましたが、その後、運送事業を始め、今は、大手スーパーマーケットの受託運送をしています。

受託運送業者の役割は、スーパーマーケットである金額以上をお買い上げいただいたお客様に対して無料運送を行う際に、品物をスーパーマーケットの搬送口を受け取り、お客様の自宅まで搬送することです。しかし、彼は、スーパーマーケットの搬送口ではなく、中まで入っていって、パートタイマーの荷造りの手伝いをしたり、荷物に添付する用紙のコピーを取ったりして、出来上がった荷物を自分で車に積み込んで配送に出ます。

この役割外の仕事をするお陰で、彼の担当する品物は常に速やかに運び出され、また、たくさんの業務をこなすことができるため、スーパーマーケットの社内の評判も良く、短期間に食い込むことが出来たのです。

それでは、彼はこれらの行動を起こさせているのはどのようなコンピテンシーか見てみたいと思います。

今、スーパーマーケットは合理化のため人員が削減されパートタイマーの業務量が増えており、猫の手でも借りたいという状況ですが、彼はその気持ちを理解しています。これは口には出てこない相手の考えていることを、態度や雰囲気から理解できるレベルの対人理解力です。

次に、彼はお客様にとって一番いいことは早く正確に荷物が家につくことだと考え、そのために自分が荷詰めを手伝い内容物を確認して、配達時の荷物の間違いや欠落がないようにしようとしています。これは状況を分析し実行可能な対応策を考え出すレベルの分析思考力の表れです。そして、その行動はパートの人たちに好感をもたせ良い関係を構築する関係構築能力も高いと事の表れです。

また、受託運送業者が中でのコピー取りを含む中の仕事を手伝うというのは、「それは自分の仕事の範囲外」と考える人も多いかもしれませんが、彼の場合はそれを当たり前として実行しており、業務の遂行や出荷時間が遅れるかもしれないという問題を解決するために色々な手段をその場の状況に応じて柔軟に使い分けるというレベルの柔軟性も持ち合わせています。

そして、今まで話した行動は全て、自分のビジネスをなんとしても成功させたいという達成志向力に支えられているのです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page