top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第17話


日常で気がついたコンピテンシー。今回は、ある会社での人材採用の際のお話です。

その会社では幾つかの部門を束ねて一つのプロジェクトを推進するマネージャーの採用を予定しており、ある人材紹介会社から2人の候補者の紹介がありました。そのうちの一人(Aさん)は専門的な知識が豊富で、英語も流暢に話し、プレゼンテーションが非常に上手く、面接時に課題を与えられても、即座に対応が出来ました。もう一人の人(Bさん)は、回りとの関係調整が出来、専門的な知識も豊富でしたが、Aさんに比べてプレゼンテーションが今一つでした。そのため、会社は前者を採用しました。ところが、3ヶ月間でAさんは退職することになってしまったのです。理由は周りの人と協調することができず、コーディネーターとしての役割が果たせないことがはっきりしたからです。

それでは、Aさんはどのようなコンピテンシーとスキルを持っていたのでしょうか?まずスキルとしては、業務に必要な豊富な知識と英語によるコミュニケーション能力を持っていたことは間違いありません。また、面接時のプレゼンテーションの様子を考えると、ある程度のレベルの対人影響力はあったと推定できます。しかし、「相手の人間的な特性を敏感に見抜き、その特性に合わせた説得方法を事前に綿密に準備をした上で、相手が聞き入れるまで諦めずに説得を続ける」というレベルの高さはなかったと考えられます。会社がAさんに期待した役割は色々な部門を調整してプロジェクトを完遂させることでした。つまり、少なくとも「相当な無理難題以外は日頃の友好な関係により、こちらの言い分を喜んで聞いてくれるような親しい関係を構築する」レベルの関係構築力や、「全社的な組織関係、風土、意思決定システムなどの構造を全て理解し、その対応策や活用策を考え、実行する」レベルの組織活用力に加え、先に述べたレベルの対人影響力を持ち、且つ、「業務遂行や問題解決に際し、様々な方法を状況に応じて柔軟に使い分ける」柔軟性をもつ人材こそが会社の求める人材要件であったのです。しかしながら、面接時に、Aさんが示した知識、英語能力やプレゼンテーション能力が余りにもすばらしかったため、それに目を奪われて、期待している役割を全うするための肝心の能力を測ることを忘れて採用してしまった典型的な例といえるでしょう。

これは一つの例で、Aさんが力を発揮できる職場はもちろん存在します。それは、Aさんの強みを活かす成果を会社が求めるケースです。よって、採用の際には、会社がその人に期待すること(成果)を明確にして、それを実現するために必要な能力を実際の職場でどのように発揮してきたことを見極めることが肝要なのです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Commentaires


bottom of page