top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第19話


日常で気がついたコンピテンシー。今回は、ある玩具の開発にかかわるお話です。

以前、テレビでベイブレードという玩具の開発の歴史について、開発に携わった担当者が話していました。

ベイブレードは日本古来のおもちゃであるベイゴマに現代風の改良を加えたものです。彼は「既にベイゴマは玩具として定着したものなので、これを改良すると、再びその人気は爆発するだろう。」と考えたと言います。そして、約十年前から下町のおもちゃ屋に毎週土日に通い、子ども達に色々意見を聞いて回って、ベイブレードの第一号機を完成させましたが、それは思ったほど売れなかったのです。そこで彼は、玩具屋通いを再開して、以前と同じように、お客様になる子供たちから色々なことを聞き出して、売れない理由を解明し、今のベイブレードブームを巻き起こしたというのです。

ここで、彼の言動をコンピテンシーの視点で見てみると次の通りになります。まず、ベイゴマを改良することで、ベイブレードの人気が爆発すると考えて行動を起こしたのは、「先見性」のコンピテンシーの高いレベルでの発揮であり、次に、ベイゴマをベイブレードに改良するために、下町のおもちゃ屋に通って子どもたちの意見を聞いて回ったのは、「顧客志向性」と「情報探求力」のコンピテンシーです。そして、ベイゴマというベースにおもちゃ屋で収集した顧客のニーズを組み合わせてベイブレードを完成させたのは「概念思考力」のコンピテンシーであり、売れなくても、あきらめずに再び、おもちゃ屋通いを再開して、新しいベイブレードブームを巻き起こすに至ったのは、高い「達成志向性」ということができるでしょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page