top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第21話


日常で気がついたコンピテンシー。今回は、職人さんのコンピテンシーについて考えて見ましょう

職人というと頑固で取っ付きが悪く、自分の作るものには過剰な自信をもち、唯我独尊ではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

先日、ある建具の職人さんが取材で次のように話しているのを見かけました。

「芸術家というのは、創作を通して時代の先を読んだり、哲学的なことを論じられたりする人が芸術家であって、我々はやっぱり職人だと思います。」

「職人は工人であるべきであり、なんといっても注文主、オーナーがあって成り立つ仕事であり、オーナーの思いを超えるものにするのが工人ですね。その人の思いを形にすることが出来、或いはその思い以上に作るのが工人です」

これらは取材の一部ですが、この職人さんは日本でも有数の有能な職人さんで数々の作品を作り出して提供されている、つまり、成果を出されている方です。

これらの言葉からすると、この職人さんは唯我独尊であるどころか、常に注文主、つまり、お客様の求めるものを、言葉だけでなく、その想いまでも読み取ってそれを形にしていっているということを感じることができます。この職人さんの例だけを見て、全ての職人さんがそうであるとは言えませんが、この職人さんに関する限り、顧客志向力の高いレベルを発揮してお客様に対応されていると言うことができるでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page