top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第21話


日常で気がついたコンピテンシー。今回は、職人さんのコンピテンシーについて考えて見ましょう

職人というと頑固で取っ付きが悪く、自分の作るものには過剰な自信をもち、唯我独尊ではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

先日、ある建具の職人さんが取材で次のように話しているのを見かけました。

「芸術家というのは、創作を通して時代の先を読んだり、哲学的なことを論じられたりする人が芸術家であって、我々はやっぱり職人だと思います。」

「職人は工人であるべきであり、なんといっても注文主、オーナーがあって成り立つ仕事であり、オーナーの思いを超えるものにするのが工人ですね。その人の思いを形にすることが出来、或いはその思い以上に作るのが工人です」

これらは取材の一部ですが、この職人さんは日本でも有数の有能な職人さんで数々の作品を作り出して提供されている、つまり、成果を出されている方です。

これらの言葉からすると、この職人さんは唯我独尊であるどころか、常に注文主、つまり、お客様の求めるものを、言葉だけでなく、その想いまでも読み取ってそれを形にしていっているということを感じることができます。この職人さんの例だけを見て、全ての職人さんがそうであるとは言えませんが、この職人さんに関する限り、顧客志向力の高いレベルを発揮してお客様に対応されていると言うことができるでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page