top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第22話


日常で気がついたコンピテンシー。 今回は、あるうどん屋さんのお話しです。

 以前、私の家の近くに昔からあるうどん屋さんがありました。いつ通りかかっても満員なのでいつかは入ってみたいと思っていましたが、ある日、たまたま席が空いていたので入ってみました。

 この店のメニューの種類は、特に多いということはありません。但し、入り口のところに「揚げたての天婦羅の天婦羅うどん定食」と書いた貼り紙があり、それに釣られて入っていく人もいるようです。中に入ると3人くらいの女性がいましたが、そのうちの一人が女主人のようで、この人の様子を見ていると、常連のお客さんと談笑しながらも、常に注意を払っていて、水がなくなるとさっと水を入れに来たり、また、外で人が止まるとさっとでて引き入れるよう声をかけたり、外を常連の人が通ると声を掛けに出たりしています。

 メニューも天婦羅うどん定食のご飯をおにぎり、いなり、しそご飯、鮭ご飯の4種類にしており、また丼物とうどんのセットもあり、少食の人向けに、ミニ丼を置いています。これはお客さんと話しているうちに次々と考えたそうです。

 この女主人の行動からは、顧客志向力や対人影響力のコンピテンシーが多く見てとれます。常に客の様子をみてタイミングよく水を出したり、メニューにお客から聞いた話をうまくメニューに取り入れて、メニューを豊富にすることで毎日でも来る常連客を生み出したりするのは顧客志向力の現れです。そして、行き先の定まらない常連客が通りかかったときに、声をちょっと掛けて呼び入れるのは関係構築力の現れということができるでしょう。

残念ながら、このうどん屋さんは女主人が高齢となったため、閉店となりました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page