top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第23話


日常で気がついたコンピテンシー。 今回は、あるベンチャー企業の社長さんのお話です。

その社長さんとはあることで知り合い、時折、気が付いたことをアドバイスしていました。知り合ってすぐの頃でしたが、事務所に電話をかけて「社長さんはいらっしゃいますか?」と訊いた時に、若い社員が「外出しています」という返事だけだったので(この社員は私と面識があったのですが)、次に社長さんに会ったときに、その時の状況を話し、「こういう場合は『何かご伝言はありますか?』或いは『こちらから電話をするようにお伝えしましょうか?』といった方が良いですね」と申し上げました。また、この会社は二つ事務所がありましたが、同じような対応だったので、「もう一つの事務所も同じですね」と申し上げたのですが、2、3日して別件で電話すると、その社員の対応が前とは変わっていており、もう一つの事務所に電話をしたときも同じようにも変わっていたのです。

 また、この社長さんは社員の自主性を重視していました。場合によっては「このようにしなさい」と言うこともありますが、基本的には商品の構築や顧客への対応については、一度、社員にやらせてみてどのようにするかを社員が自分で気が付くまで我慢して訊きだす様にし、社員が自分で気が付いたところで、詳しく話をしていました。

この社長さんの行動からはリーダーシップと他者育成力のコンピテンシーが見てとれます。第3者(私)から指摘されたことで、顧客への対応として必要と感じたものは、すぐさまに社員に言って行動を変えさせていくことは、「自ら組織全体の方針を考えて打ち出し、部下に対して出来る限りのサポートや動機付けを自ら行ない部下全体から信頼され、方針に沿って組織を導いている」レベルのリーダーシップであり、部下のやり方を尊重し一旦やらせてそれが良いかどうかを納得させた上で、必要であれば、その行動を変えさせているのは、「模範行動のみならず、その理由や概念など詳細な説明を本人が納得できるまで丁寧に説明することで指導・育成を行っている」レベルの他者育成性向であるということができるでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page