top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第32話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は事務職の方が発揮しているコンピテンシーです。

私の知っているある事務職の方は、会社の管理部門で数年勤めていましたが、大変信頼が置ける人でした。入社当初でこそ、分らないことはすぐ上司に訊いていましたが、仕事に慣れてくるにつれて、仕事上必要なことはまず自分で調べたり、どうしても分らないことは上司にただ訊くだけでなく、何をどのように調べればよいかを訊いたりして、内容をよく理解して仕事に役立てていました。また、上司の曖昧な指示に対しては、その真意を理解するために色々質問した上で、指示されたことだけではなく、上司が望んでいることを推し量り、次に指示しようとしていたことまでしていていました。勿論、頑張り屋さんで翌日までに終えなければならないことは遅くまで残って仕上げ、その日のうちにやり残したことはメモに書き留めて、翌朝、早く来て就業前に済ませていました。

さて、それではこの事務職の方はどのようなコンピテンシーを発揮していたか考えてみましょう。まず、仕事に必要なことを調べて活かすことは「現在の業務に必要な最低限の知識を持ち実際に仕事で活用しており、更に今必要なレベル以上の専門的な知識を自ら拡大する努力をし、それによって身についた専門性を実際に仕事で使っている」レベルの専門知識拡大活用能力です。また、上司の曖昧な指示に対する対応は、「顧客の満足度を常にモニターし、不満な点については、顧客からその理由を聞き出し、対応している」レベルの顧客志向力であるといえます。そして、やらなければならない仕事をその日に遅くなってもその日の内に終えたり、その日の内にやらずに残したことをメモに書き留めて翌朝早く済ましたりしていたことは、「自分の達成目標を自分で理解し、その達成に向けて努力している」レベルの達成志向力と言うことができるでしょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page