top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第34話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回はあるラーメン屋さんのお話です。

 このラーメン屋さんは10数年位前に開店したのですが、味が評判で流行っています。しかし、この店が流行るのはただ美味しいからだけではないのです。実は、この店は駅から神社までの途中にあり、トイレを一般の人にも開放しているのです。店のご主人は開店する際、店の回りに神社があり、駅からそこまで15分かかるのですが、神社にはトイレがないことなど店舗の周辺の情報を色々調べた上で、神社から駅への途上で神社から5分の距離のところに店を構えることにしたそうです。そして、店の表に「トイレ使えます」という看板を出し、初詣など人出の多い時に、自由にトイレを使って貰えるようにしたそうです。勿論、トイレを使っても「ラーメンを食べて行け」などと野暮なことは言いません。トイレも店の中を通らずにいけるようにしています。

そうしているうちに、最初の頃はトイレだけを使い食べずに帰っていた人も、何ヶ月か後にわざわざ「あの時トイレを貸して貰ったから」と食べに来てくれるようになり、その時ラーメンが美味しかったのでそれからはよく来てくれるようになるといった具合で流行ってきたということです。

 さて、それではこのご主人の発揮したコンピテンシーを考えてみましょう。

まず、開店の際に回りを調べて回ったのは、「情報が必要な際は、自分の周りだけでなく、様々なところに積極的にコンタクトし、幅広く正確な情報を入手している」というレベルの情報収集力の発揮であり、その結果、神社に行った人が神社を出た頃にトイレに行きたくなるのでそれに対応してトイレを開放したことは、「情報やデータをただ分析するだけでなく、実行可能な対応策を自らで考え出している」レベルの分析的思考力の表れです。そして、店の表に「トイレ使えます」という看板を出し、ラーメンを食べることを強要せず、後にお客を呼び戻したのは、「こちらから直接的に何かを要求したり、態度で示したりしなくても、相手の方から自主的にこちらの考えどおりに動くようなレベルで影響を与えている」レベルの対人影響力であり、トイレも店の中を通らずにいけるようにしたのは、「直接多くの顧客に接することで顧客ニーズの一般的な変化を敏感に感じ取り、その変化への対応を継続的に考案し自ら実行している」レベルの顧客志向性向の現れであると言えるでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page