top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第34話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回はあるラーメン屋さんのお話です。

 このラーメン屋さんは10数年位前に開店したのですが、味が評判で流行っています。しかし、この店が流行るのはただ美味しいからだけではないのです。実は、この店は駅から神社までの途中にあり、トイレを一般の人にも開放しているのです。店のご主人は開店する際、店の回りに神社があり、駅からそこまで15分かかるのですが、神社にはトイレがないことなど店舗の周辺の情報を色々調べた上で、神社から駅への途上で神社から5分の距離のところに店を構えることにしたそうです。そして、店の表に「トイレ使えます」という看板を出し、初詣など人出の多い時に、自由にトイレを使って貰えるようにしたそうです。勿論、トイレを使っても「ラーメンを食べて行け」などと野暮なことは言いません。トイレも店の中を通らずにいけるようにしています。

そうしているうちに、最初の頃はトイレだけを使い食べずに帰っていた人も、何ヶ月か後にわざわざ「あの時トイレを貸して貰ったから」と食べに来てくれるようになり、その時ラーメンが美味しかったのでそれからはよく来てくれるようになるといった具合で流行ってきたということです。

 さて、それではこのご主人の発揮したコンピテンシーを考えてみましょう。

まず、開店の際に回りを調べて回ったのは、「情報が必要な際は、自分の周りだけでなく、様々なところに積極的にコンタクトし、幅広く正確な情報を入手している」というレベルの情報収集力の発揮であり、その結果、神社に行った人が神社を出た頃にトイレに行きたくなるのでそれに対応してトイレを開放したことは、「情報やデータをただ分析するだけでなく、実行可能な対応策を自らで考え出している」レベルの分析的思考力の表れです。そして、店の表に「トイレ使えます」という看板を出し、ラーメンを食べることを強要せず、後にお客を呼び戻したのは、「こちらから直接的に何かを要求したり、態度で示したりしなくても、相手の方から自主的にこちらの考えどおりに動くようなレベルで影響を与えている」レベルの対人影響力であり、トイレも店の中を通らずにいけるようにしたのは、「直接多くの顧客に接することで顧客ニーズの一般的な変化を敏感に感じ取り、その変化への対応を継続的に考案し自ら実行している」レベルの顧客志向性向の現れであると言えるでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page