top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第35話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は、食品の箱詰めをする女性のお話です。

「箱詰め作業なんか機械的にやっているのだから、コンピテンシーなんか必要ないだろう」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。ところが、これが人によって異なり、場合によっては会社の行く末に影響を与えている時もあるのです。

ある梱包会社のアルバイトの女性はその会社ではベテランの部類で、箱詰め作業を始める際には、まず、仕事に必要なものがちゃんと揃っているか、作業の邪魔になるものはないか、など作業の環境を確認し整えています。作業を始めると、今度は詰め込む商品を一つ一つ丁寧に確認しながら詰め込んでいますが、最初に作業環境を整えているので、作業スピードはその他の人より速いくらいです。彼女にどのように考えて箱詰め作業をしているのかを訊いたところ、「自分が以前、この箱を受け取った時、中の物が傷ついていたり、ばらばらに入っていたりして、気分が悪かった。そのことを友達に話したところ、やはり同じようなことがあるということだったので、自分がこの仕事をやることになった時、そんなことがないようにしようと思った。但し、丁寧にやりすぎて皆より遅くなるといけないので、事前に色々準備をしている。」とのことでした。

それでは、彼女が発揮しているコンピテンシーを考えてみましょう。まず、自分が不快に感じたことを友達に話し、友達も同じようなことを感じていると気付いて、そのことを自分の作業に反映したのは、「直接多くの顧客に接することで顧客ニーズの一般的な変化を敏感に感じ取り、その変化への対応を継続的に考案し自ら実行している」レベルの顧客志向力と言えます。また、そのような対応をするために時間がかかることを考慮し、前準備をきちんと整えて作業に臨んでいるのは、「情報やデータをただ分析するだけでなく、実行可能な対応策を自らで考え出している」レベルの分析思考能力と言えます。そして、自分がやる時はそんなことがないようにと思って実行しているのは、「自分の達成目標を自分で理解し、その達成に向けて努力している」レベルの達成志向力であると言えます。

このコンピテンシーを発揮しているため、彼女が梱包した箱は今までクレームが出たことがないというのはごく自然なことなのかもしれません。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comentários


bottom of page