top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第40話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は貿易会社の物流部門で働いていたアシスタントの女性のお話です。

彼女は上司やパートナーから非常によく気が付く人だと評価されていました。

或る日、彼女のパートナーの男性が運送会社から通関業務の担当者を出向で迎え入れるための契約書をどのように作ろうかと悩んでいました。普段からパートナーの男性の様子をよく観察していた彼女は、パートナーの男性が上司から契約書についての指示を受けた事をも見ており、回りの人からもそのことについて聞いて理解していたそうです。そこで、「以前に出向受入に使用した契約書を出してあげれば役にたつだろう」と考えて、自分が以前、担当していたときに使用した契約書を何通か探し出してその男性に渡したとのことです。

さて、この女性の発揮したコンピテンシーを考えてみましょう。

まず、彼女は普段からパートナーの男性の動向を観察しており、その男性が上司から契約書についての指示を受けた事を自分の目でも見て、自分が以前、担当していたときに使用していた契約書を何通か探し出してその男性に手渡したのは、「顧客の様子から、相手が求めているものを敏感に察知し、対応している」レベルの顧客志向力で、その男性が上司から契約書についての指示を受けた事を回りの人からも聞いていたのは、 「情報が必要な際は、自分の周りだけでなく、様々なところに積極的にコンタクトし、幅広く正確な情報を入手している」レベルの情報探求力です。また、様子を見ていると、どうも頭を抱え込んでいる様子なので、「これは契約書の雛型を出してあげれば役にたつだろう」と考えたのは、「言葉では明確に表現されていないことでも、相手の雰囲気から正しく理解している」レベルの対人理解力と言えるでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comentarios


bottom of page