top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第45話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は和食屋の店員さんのお話です。

先日、友人と3人で神戸の和食屋さんに食事に行きました。その店は少し目立たない所にありました、以前この店に来た友人のA君が「良かったので行こう」ということでこの店に行くことになりました。料理はお任せコースにしたところ、こちらが丁度食べ終わったのを見計らったかのように、店の女性が次の料理を運んでくるといった具合でした。そして、料理の最後は冷麺とスパゲティーでどちらかを選ぶことになり、A君は「今まで両方共食べたけれども、両方共美味しかった」というので、散々悩んだ挙句、私が冷麺、あとの2人はスパゲティーにしました。ところが、それを聞いた店の女性が暫くして厨房から出てきて、「マスターが半分ずつにしましょうかと言っていますが、如何でしょうか?」と言うのです。私たち3人がどちらにするのかを散々悩んでいたことをマスターに話したところ、「それなら、半分ずつ出して両方共楽しんでもらおうか」と言っているというのです。私たちは勿論、喜んでそうしてもらい、両方の味を楽しむ事ができました。友人の話ではこんな事は初めてのことだと言って、「またこの店に来よう」という話になったのは言うまでもありません。

さて、この局面では、このマスターは、私たち3人がどちらにするかを散々悩んでいたことを女性から聞いて、このお客さんたちは両方を食べたがっていることを感じて、半分ずつ出せば喜んでもらえるだろうと考えて実行してくれた訳ですが、これは、「顧客の様子から、相手が求めているものを敏感に察知し、対応している」レベルの顧客志向力が発揮されたということが出来ます。高い顧客志向力のコンピテンシーを持ったマスターが自ら料理を作って出す店ならではの粋な計らいで、このような店は一度来たお客様をまた引き寄せるものを持っているものだと実感した次第でした。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comentários


bottom of page