top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第45話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は和食屋の店員さんのお話です。

先日、友人と3人で神戸の和食屋さんに食事に行きました。その店は少し目立たない所にありました、以前この店に来た友人のA君が「良かったので行こう」ということでこの店に行くことになりました。料理はお任せコースにしたところ、こちらが丁度食べ終わったのを見計らったかのように、店の女性が次の料理を運んでくるといった具合でした。そして、料理の最後は冷麺とスパゲティーでどちらかを選ぶことになり、A君は「今まで両方共食べたけれども、両方共美味しかった」というので、散々悩んだ挙句、私が冷麺、あとの2人はスパゲティーにしました。ところが、それを聞いた店の女性が暫くして厨房から出てきて、「マスターが半分ずつにしましょうかと言っていますが、如何でしょうか?」と言うのです。私たち3人がどちらにするのかを散々悩んでいたことをマスターに話したところ、「それなら、半分ずつ出して両方共楽しんでもらおうか」と言っているというのです。私たちは勿論、喜んでそうしてもらい、両方の味を楽しむ事ができました。友人の話ではこんな事は初めてのことだと言って、「またこの店に来よう」という話になったのは言うまでもありません。

さて、この局面では、このマスターは、私たち3人がどちらにするかを散々悩んでいたことを女性から聞いて、このお客さんたちは両方を食べたがっていることを感じて、半分ずつ出せば喜んでもらえるだろうと考えて実行してくれた訳ですが、これは、「顧客の様子から、相手が求めているものを敏感に察知し、対応している」レベルの顧客志向力が発揮されたということが出来ます。高い顧客志向力のコンピテンシーを持ったマスターが自ら料理を作って出す店ならではの粋な計らいで、このような店は一度来たお客様をまた引き寄せるものを持っているものだと実感した次第でした。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page