top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第60話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は、再び絶体絶命の危機から生還した飛行機の機長のお話です。

この飛行機はある空港に着陸寸前に、管制官により後輪が両方とも出ていないことが確認され、すぐさま、機長にその旨が連絡されました。機長はこのような状態で着陸することがかなりの危険を伴うことを認識しながらも、なんとしても機体を無事に着陸させようと決意しました。機長はまず、現在の位置から一度3000メートル急上昇した後、そこから一気に急降下して車輪を出すという作戦を考え、その旨を乗務員・乗客に連絡し、それを繰り返すことで、片方の車輪を出す事が出来ました。しかし、もう一方の車輪を出すことができず、燃料のタイムリミットが迫ってきました。そこで、次に、機長は着陸した衝撃で車輪を出すという「タッチアンドゴー」を2度トライしましたが、やはり車輪は出すことはできず、最終手段として片輪着陸をすることを決断しました。この成功確率は非常に低く、最悪の事態も予想されましたが、機長は機内放送で乗客に向けて、片輪着陸する旨を告げ、「でもご安心下さい。乗務経験20年の私が行います。皆さんにご迷惑をおかけしましたので、今日のディナーは私がご馳走します」と機内放送を行って乗客を励まし、死傷者ゼロという奇跡的な着陸に成功したのです。

さて、この機長はどのようなコンピテンシーを発揮したのでしょうか?まず、車輪を出すために急上昇と急降下を繰り返す事や「タッチアンドゴー」を行ったことは「業務遂行や問題解決に際し、既存の複数の方法を持ちそれを状況に応じて柔軟に使い分けている」レベルの柔軟性です。

そして、そのような困難な状況の中で、これらの操縦が出来たのは「現在の業務に必要な最低限の知識を持ち実際に仕事で活用しており、更に今必要なレベル以上の専門的な知識を自ら拡大する努力をし、それによって身についた専門性を実際に仕事で使っている」レベルの専門知識拡大性です。また、片輪着陸に先立ってこのような乗客への呼びかけを行い乗客に希望を持たせて臨んだ事は「誰もが強いストレスを感じるような場面でも、それを前向きに捉え、むしろエネルギーとしている」レベルの自制力です。そして、これらの行動を駆使して奇跡的な生還を果たしたのは「チャレンジングで且つ現実的な目標を設定し、自分の目標のみならず、その全ての達成のためにいかなる困難があっても諦めることなく、あらゆる手段を駆使しながら取り組んでいる」という最高レベルの達成志向力といえるのではないでしょうか。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page