top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第61話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回はある食堂の女性のお話です。

私は仕事で地方都市に出かけ、ちょうど昼時になったので、どこかで食事を取ろうと駅の近くを見渡したところ、近くにチェーン店のうどん屋さんと昔ながらの食堂がありました。最初はチェーン店に入ろうかと思いましたが、かなり混んでいたので、昔ながらの食堂に入りました。食堂に入った時はお客さんは2人ほどいるだけでしたが、私が入った直後、急に人が増えてきました。そのとき、店でお客さんの対応をしていた女性は、最初からいた常連のお客さんとうまく話をつなぎながらも、入ってきた人を手際よく席に誘導し、注文を取っていきました。必ずしも入ってきた順番にお茶を出したり、注文を取ったりするわけではないのですが、メニューを見て注文をしようとすると、すっとそこに現れるといった具合です。また、一人のお客さんから注文を取って、奥に帰るときに、次の人が頼もうとすると、すかさずそこで立ち止まり、注文を取っていくといった具合で、久しぶりに見ていて「お見事」と言った感じを受け、これがチェーン店に対抗してもお客さんを呼び込んでいるのでないかという印象をもった次第です。

さて、この女性はどのようなコンピテンシーを発揮していたのでしょうか。これは紛れもなく、顧客志向力と言えるでしょう。何気ないそぶりをしているようで、常にお客さんの様子をよく観察し、注文が決まりそうだと、それを察知して、注文を取りに行くという行動は、「顧客の様子から、相手が求めているものを敏感に察知し、対応している」レベルの顧客志向力です。このコンピテンシーは全ての仕事で必要なもので、通常やって当たり前と考えられていますが、実際にはこの行動が出来ずに、お客様を逃がしている事がよくあります。皆さんの周りでも、このレベルのコンピテンシーを発揮する事で成果を上げている人とそうでない人の差が出ているのではありませんか?

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page