top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第62話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回はある短期大学の学長のお話です。

少子化のため、現在、大学は学生集めに奔走しています。その中で民間から学長を迎えて、躍進を遂げている大学の学長がいます。彼は「楽しくなければ学校じゃない」というスローガンを掲げて、学校づくりをしたそうです。その時の第一の柱は「お客(学生)に選ばれる学校作り」です。キャラクターグッズを作ったり定時バスの装飾をしたりして学校のPRには余念がなく、これが街の人にも学生にも評判が良いそうです。また、設備には金を惜しまず、幼児教育学科の個室練習ができるようにピアノを40台増設したり、生活文化学科に製菓クリエートコースを増設したりして、学生のニーズに応えています。しかし、彼は「ただ単に学生の求めるものを提供するだけでは教育ではない」と言っています。その表れが第二の柱の「学生の付加価値創造」です。学生はお客様であると同時に、商品であるとの考えの下に、パソコン、英検を必須科目とし、社会に出てから慣れるために週に1度はスーツを着るスーツデイを設定、茶髪についても面接までには染め直しのコースを設けて染め直しを行い、就職率は100%となったそうです。これらの活動を進めるために、直接、学長に提案させる制度を設置して、決裁を早くしているとのことです。これらの施策によって、この学校は少子化の中、毎年、定員を上回る応募者があるとの事です

それではこの学長の発揮しているコンピテンシーを考えてみましょう。 

まず、学生が就職率に関心を感じている事を察知し、第2の柱として「学生の付加価値創造」の諸策を考案し、実行している事は、「直接多くの顧客に接することで顧客ニーズの一般的な変化を敏感に感じ取り、その変化への対応を継続的に考案し自ら実行している」という高いレベルの顧客志向力です。 「お客(学生)に選ばれる学校作り」としてキャラクターグッズを作ったり定時バスの装飾をしたりしているのは、「相手の人間的な特性を敏感に見抜き、その特性に合わせた説得方法を事前に綿密に準備をした上で、相手が聞き入れるまで諦めずに説得を続けている」レベルの対人影響力であるといえます。そして、この大学に赴任して以来、このような改革を続けた結果、就職率100%を達成する事で毎年、定員を上回る応募者を呼び込んでいる事は、「常にチャレンジングで且つ現実的な目標を設定し、いかなる困難があっても諦めることなく、あらゆる手段を駆使して達成に向けて取り組んでいる」レベルの達成志向力と言えるでしょう。 

 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page