top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第62話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回はある短期大学の学長のお話です。

少子化のため、現在、大学は学生集めに奔走しています。その中で民間から学長を迎えて、躍進を遂げている大学の学長がいます。彼は「楽しくなければ学校じゃない」というスローガンを掲げて、学校づくりをしたそうです。その時の第一の柱は「お客(学生)に選ばれる学校作り」です。キャラクターグッズを作ったり定時バスの装飾をしたりして学校のPRには余念がなく、これが街の人にも学生にも評判が良いそうです。また、設備には金を惜しまず、幼児教育学科の個室練習ができるようにピアノを40台増設したり、生活文化学科に製菓クリエートコースを増設したりして、学生のニーズに応えています。しかし、彼は「ただ単に学生の求めるものを提供するだけでは教育ではない」と言っています。その表れが第二の柱の「学生の付加価値創造」です。学生はお客様であると同時に、商品であるとの考えの下に、パソコン、英検を必須科目とし、社会に出てから慣れるために週に1度はスーツを着るスーツデイを設定、茶髪についても面接までには染め直しのコースを設けて染め直しを行い、就職率は100%となったそうです。これらの活動を進めるために、直接、学長に提案させる制度を設置して、決裁を早くしているとのことです。これらの施策によって、この学校は少子化の中、毎年、定員を上回る応募者があるとの事です

それではこの学長の発揮しているコンピテンシーを考えてみましょう。 

まず、学生が就職率に関心を感じている事を察知し、第2の柱として「学生の付加価値創造」の諸策を考案し、実行している事は、「直接多くの顧客に接することで顧客ニーズの一般的な変化を敏感に感じ取り、その変化への対応を継続的に考案し自ら実行している」という高いレベルの顧客志向力です。 「お客(学生)に選ばれる学校作り」としてキャラクターグッズを作ったり定時バスの装飾をしたりしているのは、「相手の人間的な特性を敏感に見抜き、その特性に合わせた説得方法を事前に綿密に準備をした上で、相手が聞き入れるまで諦めずに説得を続けている」レベルの対人影響力であるといえます。そして、この大学に赴任して以来、このような改革を続けた結果、就職率100%を達成する事で毎年、定員を上回る応募者を呼び込んでいる事は、「常にチャレンジングで且つ現実的な目標を設定し、いかなる困難があっても諦めることなく、あらゆる手段を駆使して達成に向けて取り組んでいる」レベルの達成志向力と言えるでしょう。 

 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page