top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第72話

日常で気がついたコンピテンシー。今回は顧客志向力にフォーカスを当ててみたいと思います。

 東京に出張した時に、友人と昼食にスパゲティーを食べに行った店で、食後の珈琲を楽しんでいたのですが、友人が私のコップの水がなくなったのに気付き、自分自身の水も殆どなかったので、友人は店員さんを呼んで、私のコップを指して「水を下さい」と頼んでくれました。すると、その店員さんは新しい水の入ったコップを一つ持ってきて、置いていきました。そこで、友人は自分の分ももう一つ欲しいと声をかけましたが、その店員さんはその言葉には気がつかずにそのまま行ってしまいました。暫くすると、別の店員さんがこちらの様子に気が付いて「何か御用でしょうか?」と尋ねてきたので、先程と同じ様に頼んだところ、その店員さんは私のコップの水が減っているのに気がついたのか、「お水を二つお持ちしましょうか?」と尋ねてくれたので、「お願いします」と答えたところ、二つの新しい水の入ったコップを持ってきてくれました。

 このような話はよくあることかもしれません。さて、それでは2人の店員さんの発揮した顧客志向力のコンピテンシーのレベルを比べてみたいと思います。まず、最初の店員さんは「水を下さい」という依頼に対して、私には水を持ってきましたが、友人の水がなくなっているのに気付かず、また、その後、声をかけられても気がつきませんでした。これは「顧客からの直接的な要求に対しては対応している。しかし自分から顧客満足につながるようなことを察知し研究したり、それを行動に移すことはしていない」レベルの顧客志向力のコンピテンシーしか発揮をしていないと言うことができます。一方、二人目の店員さんは、こちらの様子を窺い、問いかけ、依頼を聞いた後で、私の水が少なくなっているのに気付き、私も欲しいのではないかと考えて、それを確認した上で、水を2つ持ってきてくれました。これは「顧客の満足度を常にモニターし、不満な点については、顧客からその理由を聞き出し、対応している」レベルの顧客志向力のコンピテンシーが発揮されたと言うことができます。

 もし、最初の店員さんが後の店員さんと同じように対応してくれていたら、私たちはもっとこの店のファンになっていたかもしれませんね。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page