top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第75話

日常で気がついたコンピテンシー。 前回は対人理解力のお話をしましたが、今回はそのもう一つ高いレベルについて薬品会社の優秀なMR(医薬情報担当者)Aさんの例で考えてみたいと思います。

 Aさんは優秀なMRで、地方の個人病院を担当したときも、大学病院を担当した時も、社内で指折りの成果を上げていました。ある営業所に配属されリーダーとなり、部下を持つようになったとき、部下の中に担当している病院に薬をなかなか認めてもらえないB君がいました。そこでAさんは一度、B君に同行して病院に行き、先生と話をしているのを観察した上で、次にもう一度、同行したときに、B君に代わって先生と話をしたところ、先生がかすかに口を開こうとした事に気付き、「何かご質問がございますか?」と訊くと、先生は「薬の効用はB君が何度も説明してくれているが、その具体的な例はどれくらいあるのかね」と訊かれ、それに対して具体的な2,3の事例について話をすると、「そんな薬なら使ってみても良いかもしれないな」ということになり、以後、使ってもらえるようになったということです。 AさんはB君に同行したときのことを次のように話していました。

「B君は薬の話をしているときに、先生が質問をしようとしても、それに気付かず自分のペースで話を続けていたが、先生は、自分が質問したことが気になって、B君の話を上の空で聞いているような感じで、ある程度まで聞くと、『分かりました』と話を打ち切っていたのに気付いた。これは先生が何かを訊きたいと思っているのに、B君は一方的に話をするので、それ以上聴く気持ちをなくしているのではないかと考えた。」

 ここでAさんが発揮したのが、「言葉では明確に表現されていないことでも、相手の雰囲気から正しく理解している」レベルです。

 優秀な営業マンや販売員などは、言葉に表れない人の気持ちを察知して成果を上げているのではないでしょうか。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Komentáře


bottom of page