top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第78話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は『柔軟性』のお話です。

コンピテンシーとしての『柔軟性』は「状況に応じ、既存の方法にとらわれず、全く新しい方法を考案し実行したり、既存の方法でもやり方に改良を加えながら臨機応変に行ったりしていく性向」です。人は物事を達成していく過程で、様々な事にぶつかりますが、それらの障害を乗り越えていく為に、既成概念を取り払って次から次へと新たな手を打っていく能力です。

 今回お話しするA氏はある百貨店の靴の敏腕バイヤーで、その百貨店の将来を左右する新規店のプロジェクトメンバーとして開店準備に携わっていました。彼は経験と知識が豊富で、今までの経験では、開店時にこの百貨店が扱う靴の売上をあげる為には、セールを行うことより、むしろ流行の先端を行く靴を揃えた方が良いと考え、そのような準備を行い、開店日を迎えました。しかしながら、お客様の志向は彼の思惑に反し、売上は予想に比べかなり低調なものとなりました。彼はその事態を昼過ぎには察知し、対策として午後2時にセールの対象となる安価な商品と数量を協力メーカーに連絡して、翌日の開店2時間前までに店に届くように手配し、商品の配置も流行品を後ろに下げてセール品を前面に出し、売上を前日の分も含めてとんとんのところまで戻したとのことです。

 ここでA氏が発揮したのは、「業務遂行や問題解決に際し、既存の複数の方法を持ちそれを状況に応じて柔軟に使い分けている」レベルです。

 A氏のように経験と知識が豊富であっても、それを基に考案したやり方がその場に適さないと判断した場合、そのやり方に固執せず、他のやり方を考案してそれに移行できる事が、失敗を成功に転換する秘訣なのではないでしょうか?

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page