top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第79話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は関係構築力のコンピテンシーについてお話をします。関係構築力は「社内外の関係者との間に、利害や取引的な関係を入れずに、とにかく親しい人間関係を作り上げていく能力」です。営業マンなどで見た目は特に努力をしていないのに次々と成約を上げている人はこのコンピテンシーの高いレベルを発揮しています。

 以前、医療器具メーカーに勤めていたA氏も関係構築力のコンピテンシーが高い一人です。彼はある病院から高額な医療用測定機器を受注しました。新しい機器の紹介をしてから受注までわずかに1ヶ月程度と、通常に比べてかなり短い日数でした。どのようにして受注したか訊いたところ、その病院の院長先生とは10年来のお付き合いで、機器の事を少し話したところ、「現場で測定機器が古くなったので、もう少し新しい機能を持った機器に入れ替えようという話が出ている。次の時に担当者を呼ぶので話をしてくれ」と言われ、次の時に説明をし、とんとん拍子に決まったということです。そこでその院長先生との出会いからの話を詳しく聴いてみると、初めて訪問した時はなかなか会えずに苦労したが、初めて話を聞いてもらえたときに少し自社のプレゼンを行っただけで、そのあとは常に先生の話を聴き、そこで感じた先生の要望、例えば、医療機器の最新情報や、時には好きな食べ物などに迅速に対応していったところ、段々と個人的な話などもしたり聴いたり出来るような関係になったとのことです。そんなことで今回は新しい機器が発売することになり、自分としても実績をあげなければならないので、何とかしてもらえないかと思い、「実は新しい機器が出て頑張らなくてはいけないのでよろしくお願いします」と言ったところ、とんとん拍子に話が進んだということでした。

 さて、ここでA氏が発揮した関係構築力レベルを考えてみると、これは「相当な無理難題以外は日頃の友好な関係により、こちらの言い分を喜んで聞いてくれるような親しい関係を構築している」レベルです。このコンピテンシーは自分ではそれをあまり意識せずに時間をかけて発揮していることが多いようですが、意識して振舞うことにより更にレベルを上げた人もいるようです。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみた

Comments


bottom of page