top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第81話

日常で気がついたコンピテンシー。 今迄はコンピテンシーについて様々な日常の人の行動事例についてお話をして参りました。今迄お話ししてきましたように、コンピテンシーは決して私達から遠くかけ離れた一部の人達だけが発揮しているものではありません。常日頃から多くの人が仕事をしていく上で、発揮しているものなのです。

 これからは、このコンピテンシーをどのように活用していったらよいかということについてお話してみたいと思います。

 コンピテンシーは「自らの職務において高い成果を生み出すために、安定的に、行動として発揮できた能力」です。人は何かをする時に、意識的にしろ、無意識にしろ、何かを考えて行動を起こしています。しかしながら、行動を起こした後で、自分がその時、どのように考えてどのように行動したかということをはっきりと覚えている人はほんの僅かです。

 コンピテンシーの第一の効用は「成功の再現力」となることです。例えば、部下が成功したときに、コンピテンシー測定手法を用いて、部下の話を訊いていくと、あなたの部下は成功するためにどのように考えてどのように行ったかということを話してくれます。そうすることで、貴方は知らず知らずのうちに自分がどのようにして成功にたどり着いたかというイメージを持つ事が出来るようになると同時に、彼もそのイメージを記憶の中から引き出し、且つ、どんなコンピテンシーを発揮したかということに気付きます。そして、そのコンピテンシーを、別の場面においても活用して成功を再現していくことが出来るようになるのです。

 

本日のキーワード : コンピテンシーは成功の再現力

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多

AHPコンピテンシーコラム第82話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話です。 苦労して採用はしたものの、採用した人財が結果を出せずに1年も経たない間に辞めてしまったという悩みをもたれている経営者や人事担当者の方はいらっしゃいませんか?私自身、以前行ってきた採用活動で感じたことが2つあります。一つは「採用しようとしている人はどんな人か」ということを自分自身がはっきりとイメージし、そのイメージを採用

AHPコンピテンシーコラム第80話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は「情報探求力」のコンピテンシーについてお話します。情報探求力は「あらゆる情報源や情報ルートを自ら開拓し、仕事で必要となる情報を誰よりも早く正確に、且つ幅広く集める能力」で、営業部門のみならず研究者やスタッフ部門の職務等においても頻繁に発揮されているコンピテンシーです。 これはある百貨店で売上不振を挽回するために、2人のバイヤーが取った行動で発揮された「情報探

Comentarios


bottom of page