top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第83話

日常で気がついたコンピテンシー。 今回は採用に生かすコンピテンシーのお話の続きです。

 82話では採用する人材要件の共有についてお話しました。今回は、それを実際の面接において、自社の採用しようとしている人材モデルと面接の相手とのギャップを明らかにする方法をお話しします。

 通常、面接では時間を節約する為に、質問を用意して「はい」「いいえ」で答えさせる限定質問法が使われることが多いと思います。確かに、多数の応募者からある程度の人数に絞る時には限定質問法は有効な方法ですが、この種の質問に対しては、面接を受けている人は、グレイゾーンの答えを持っている場合でも、面接官の表情を見て、「はい」と言うべきか、「いいえ」と言うべきかを判断して答えているケースが多々見られ、その場合はその人の実像を明確にイメージする事は難しくなります。

 一方、コンピテンシー測定を活用した面接法では、面接相手の過去の成功事例(私はこれを自慢話や苦労話と言っていますが)を、6W5Hを駆使した拡大質問法使いますので、その人は自分が過去に行なったことを思い起こす為に、一度、頭の中を駆け巡って拾い集めた上で、それらの事柄をありのままに話すことになり、面接者はその人が過去に成果を出した時にどのように考えどのように行動したかというイメージを共有することが比較的容易になるのです。尚、この面接法については、「そのやり方では自分の話を上手に話す人だけが評価されてしまい、寡黙だけれども本当は優秀な人はあまり評価されないのでないか」という批判もあります。それは確かです。だからこそ、寡黙な人からでも話を引き出す面接者の質問力が求められるのです。この質問力を磨き上げ、面接の現場において面接相手が成果を出した時にどのように考えどのように行動したかというイメージを共有し、そのイメージから特定されたコンピテンシーが自社の求める人材に必要な物かどうかを見極めて採用の良否を決める事が重要になるのです。

 

 本日のキーワード : コンピテンシー測定の質問力がその人の実像を引き出す

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第95話

日常で気がついたコンピテンシー。今回は、この『日報』作成の要諦と、それを活用したマネジメント(Management by Dairy Report)についてお話します。 皆さんは一日の出来事をふと振り返る事があると思います。それは時によってはお風呂で浴槽につかっている時であったり、寝床について寝付くまでであったりするでしょう。しかしながら、その時に振り返った事は翌日になると、殆ど覚えていないのが現

AHPコンピテンシーコラム第94話

日常で気がついたコンピテンシー。 心の思いつくままに、書き続けていると、話が色々なところに行ってしまいますが、これからは今までお話してきた自分のコンピテンシーを意識する為に有効な方法として、『振り返り』について、お話してみたいと思います。 私は研修を行う際に、必ず『振り返り』の時間を取ります。研修において、重要なのは研修で学んだ事を自分の中に取り入れ、これからの業務等において行動や思考に反映してい

AHPコンピテンシーコラム第93話

日常で気がついたコンピテンシー。 ここ数回にわたり、相手をその気にさせる、つまり、モチベーションアップのコミュニケーションについて、対人理解能力(相手を理解する共感・傾聴型コミュニケーション)と対人影響能力(相手に理解してもらう指示・説得型コミュニケーション)の2つのコンピテンシーの観点でお話をしてきました。相手をその気にさせるコミュニケーションは人財マネジメントの様々な局面で大きな力を発揮します

Comments


bottom of page