top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第85話

日常で気がついたコンピテンシー。 前回のコラムで人材育成の最初のカギはコンピテンシー測定の質問力であることをお話ししました。

良いコミュニケーションを行うためには、大きく言って2つの重要なスキルがあります。一つは質問のスキルでもう一つは傾聴のスキルです。今回は質問のスキルについてお話しします。

質問には5つの目的と、7つの方法があります。5つの目的とは、『疑問』『確認』『意見・提案』『動機付け』『潤滑油』で、7つの方法とは『拡大質問』『限定質問』『深堀質問』『選択質問』『誘導質問』『ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック』『フット・イン・ザ・ドア・テクニック』です。

例えば、「あなたは部下とコミュニケーションを上手く取れていますか?」という質問をすると、大半の方から「かなりコミュニケーションの時間を取っています」という答えが返ってきます。そこでどのようにコミュニケーションを取っているか訊くと、「仕事は上手くいっているか?」「お客さんのところには週に1回は顔を出しているか?」「この商品の説明はすでに終わったか?」など、相手が「はい」或いは「いいえ」で答えられる質問が多いようです。このような質問を『限定質問』といいます。『限定質問』は『確認』のための質問方法で非常に重要な質問ですが、聞く対象をあるところに限定してしまう為、それ以外で本人が持っている情報を制限してしまう恐れがあります。これに対して、前回お話しした5W1H(誰が、どこで、いつ、何を、どのようにして、何故)を用いる質問を『拡大質問』といいます。『拡大質問』は相手が答える際に、一度、頭の中をかき回して、記憶を引っ張り出してくる為に、質問者が予想もしていなかったことが引き出すことが出来る時もあります。良いコミュニケーションを取る為には、まず、『拡大質問』により出来る限り相手に考えさせて、自ら話をしてもらい、肝心な所は『限定質問』で確認をしていく事が重要なのです。

 

本日のキーワード : 良いコミュニケーションは『拡大質問』と『限定質問』の使い分け

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第95話

日常で気がついたコンピテンシー。今回は、この『日報』作成の要諦と、それを活用したマネジメント(Management by Dairy Report)についてお話します。 皆さんは一日の出来事をふと振り返る事があると思います。それは時によってはお風呂で浴槽につかっている時であったり、寝床について寝付くまでであったりするでしょう。しかしながら、その時に振り返った事は翌日になると、殆ど覚えていないのが現

AHPコンピテンシーコラム第94話

日常で気がついたコンピテンシー。 心の思いつくままに、書き続けていると、話が色々なところに行ってしまいますが、これからは今までお話してきた自分のコンピテンシーを意識する為に有効な方法として、『振り返り』について、お話してみたいと思います。 私は研修を行う際に、必ず『振り返り』の時間を取ります。研修において、重要なのは研修で学んだ事を自分の中に取り入れ、これからの業務等において行動や思考に反映してい

AHPコンピテンシーコラム第93話

日常で気がついたコンピテンシー。 ここ数回にわたり、相手をその気にさせる、つまり、モチベーションアップのコミュニケーションについて、対人理解能力(相手を理解する共感・傾聴型コミュニケーション)と対人影響能力(相手に理解してもらう指示・説得型コミュニケーション)の2つのコンピテンシーの観点でお話をしてきました。相手をその気にさせるコミュニケーションは人財マネジメントの様々な局面で大きな力を発揮します

Comments


bottom of page