top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第95話

日常で気がついたコンピテンシー。今回は、この『日報』作成の要諦と、それを活用したマネジメント(Management by Dairy Report)についてお話します。

皆さんは一日の出来事をふと振り返る事があると思います。それは時によってはお風呂で浴槽につかっている時であったり、寝床について寝付くまでであったりするでしょう。しかしながら、その時に振り返った事は翌日になると、殆ど覚えていないのが現状です。そこで先ず試して頂きたいのが、仕事を終わったら、今日一日、何をしたかを書いてみる(勿論、パソコンでも紙でも結構です)と言うことです。書くという行為は予想以上にパワーを要します。研修でも話す事は出来てもそれを書くとなると、受講生の皆さんはかなり苦労されているように見受けられます。何故なら、話していると、少々筋が通っていなくても、あまり気にならないのが、書いてみると、その点が気になってくるからです。また、書いている内に、自分の書いている事が本当にそうであったのかを何度も考えていることもあります。しかし、このように考える事が脳の活性化に繋がり、自分がやった事をより鮮明に思い出す事が出来るのです。そして、その中でうまくいった事も出来なかった事についても同じように心に刻み込むことになります。これは第一段階ですが、先ずはこれを暫くの間、続けて行く事をお勧めします。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comentarios


bottom of page