top of page
  • 靖 伊藤

AHPコンピテンシーコラム第97話

前回は個人としての振り返りについてお話をしましたが、今回は個人が行なう振り返りをどのようにマネジメントすることが必要か、そしてその時にどのような意識とスキルが必要になるかについてお話ししたいと思います。

振り返りと一言で言っても色々な振り返りがあると思います。長い期間の振り返りとしては今までの人生を振り返る事もあるでしょうし、短い期間の振り返りとしては今、行なった、例えば、討議を振り返るということもあります。人と言うのは面白いもので、物事をしている時はそれに熱中しているせいか、それを行なったすぐ後でも、自分のしたことや言った事を覚えていないということが良くあります。例えば、研修や会議で何かを発言した際に、こちらが横で聴いていて、これは良い事を言っているなと感じて、「それは非常に良い事ですね」と言うと、時々、きょとんとした顔をして、「え、何がですか?」と聞き返されることがあります。これは自分が言った事を覚えていないのではなく、自分としてはそれが当たり前のことで、無意識に行なっていたり、話していたりするからです。このように無意識に良い言動が取れる事は良い事ですが、意識していないことで、必ずしも継続されない事が多々あります。無意識に行なっている言動を意識することでこれらを継続させる事が可能になり、意識をするために振り返りが必要になります。ところが、この振り返りと言う行動は意外とパワーが必要で、一人でやっていると、途中で息切れを起こしてしまい、止めてしまう傾向があります。そこで、これをマネジメントする事が必要になるわけです。この場合のマネジメントは何も難しい事ではありません。本人が何かをし終わった後で、それに就いて傾聴し、そしてフィードバックをしてあげる事がマネジメントになります。このマネジメントを行うためには、積極的傾聴法と行動・思考ヒアリング法のスキルが必要となるのです。これらのヒアリング法につきましては、前に数回に亘ってお話をしています。

次回は、振り返りに用いる積極的傾聴法と行動・思考ヒアリング法についてお話ししたいと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

AHPコンピテンシーコラム第109話

今まで2回に亘って、相手との信頼関係を築き、こちらの考えている事を理解し、納得してもらい、動いてもらう為の「論理」を支えるものについてお話してきました。 モチベーションの要素としては、「その気になる」『覚醒』と「その気になり続ける」『持続』があります。今までお話ししてきた2つの「理」は『覚醒』にとって非常に重要になるわけですが、コミュニケーションの取り方次第で、折角『覚醒』したものが持続できないこ

AHPコンピテンシーコラム第108話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階で必要な「戦略的思考」について、お話します。 「戦略的思考」とは目的を達成するための明確なシナリオ(実行計画)を持って考えることで、つまり、限られた経営資源(ヒト、モノ、金、時間、情報など)のなかで、最大化の成果を上げる為に、場当たり的ではなく、ゴールを明確に描き、その実現のために仮説を立てて、必要な要因(重要成功要因)を論理に沿って繋がりを明確にし、ゴ

AHPコンピテンシーコラム第107話

今回は、相手と信頼関係を形成する為の第2段階についてお話したいと思います。 前回は、信頼を構築する為に、相手の話を傾聴する事が重要であるというお話をしました。傾聴することにより、相手は少なくとも「話を聴いてもらえた」という満足感を得る事ができ、さらに「自分の言っている事を理解してもらえた」と感じることもあります。 ただ、これだけでは、相手にとって話を聴いてくれる「唯の良い人」に終わってしまいます。

Comments


bottom of page